事故の対応は?

Q
事故で被害にあったが、どのように対応すべきか分からず困っている。
あるいは、ご家族が重傷で病院へ入院してしまい、
どのようにサポートしたらよいのか、困っているので助けて欲しい。

▼Aを読む

A
交通事故にあったら、誰だってビックリしますね。


①まず、警察に事故の届出を!

まず、心を落ち着けて、警察へ届けて事故の証明を受けられるようにしましょう。
ケガをした場合は、病院で警察向けの診断書を書いてもらい、
人身事故として警察に処理してもらうことが原則です。
ケガが重く入院しなければならないような場合、先に加害者側が警察の実況見分を
済ませてしまうことがよくあります。このような場合、
後から事故の状況を正確に警察の担当者に伝えることが難しくなってしまいます。
しっかり供述できるよう、メモをとっておいたりして、自分の意見を曲げずに
主張できるよう準備しておきましょう。
それと並行して、適切な病院や医療機関でケガに応じた治療を受ける必要があります。
いくら、痛い思いや辛い思いを我慢して耐えても、お医者さんの診察や治療を
受けないと、加害者からケガをしていないと思われてしまいます。

②治療は、お医者さんで受けましょう。

また、治療を受けるときは、病院や整形外科のお医者さんによる診察や治療を
メインにしてください。整骨院での治療は、医師でないため、
ケガの状態を証明することができません。
 それから、自宅や職場に近くて
通院しやすい病院や医院で治療を受けることも大事です。
最悪の場合、ケガが治らず後遺症が残った場合、お医者さんでないと後遺障害を
認めてもらうことが出来なくなってしまいますので、注意が必要です。

③健康保険や労災を使って治療することも検討しましょう。

ケガの程度や、事故状況(過失割合)など、事故の状況に応じて、
最も被害者の有利となるように、全ての条件を検討して、健康保険を使ったり労災の
適用を受けることの是非を判断します。
 
病院によっては、「交通事故で健康保険は使えません」と窓口で対応されることも
ありますが、そんなことはありません。必要な手続きを行えば、
健康保険を使って治療費を抑えることができます。


④それぞれの事故で対応方法は変わります。

以上、交通事故で被害に合った場合の対応について、
基本となる考え方を説明いたしましたが、実際に初めて事故で被害に合ってしまうと、
どうしたら良いのか困ってしまうのではないでしょうか。
それに、加害者(保険会社)の対応、病院の対応、医師の対応、事故の過失割合、
そしてケガの程度により、どのような対応が最善なのか、個々のケースで
対応方法が異なりますので、判断に困ってしまわれる場合があるのでは
ないでしょうか。

そんな場合にこそ、お電話で当センターへ無料相談を受けてみませんか? 
実際に保険会社の損害査定を担当してきた担当者が、
被害者に有利となるようなアドバイスでお答えいたします。

▲たたむ


交通事故について

⇒この内容にコメントをする