治療が止められてしまった…

Q
保険会社の支払いで治療を続けていたのですが、
突然、治療費の支払いを止められ、
これ以上治療の必要がないと打ち切られてしまいました。
そして、示談を迫ってきました。
まだ、治っていないし、せめて納得できるまで、
治療を続けたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

▼Aを読む

A
※保険会社は、お金の支払いをなるべく少なくしたいのです。
被害者が治療を続けると、それに応じて賠償金を払わなければならない保険会社の
負担が増大します。
ですので、骨折を伴わない頚椎捻挫(むち打ち)や腰椎捻挫や手足の打撲・
捻挫の場合、保険会社は2ヶ月から3ヶ月くらい、あるいは5ヶ月のタイミングで、
治療費の支払いを止め、
被害者の治療を止めさせようと対応することがほとんどです。
その目的は、自費で治療費を支払ってまで治療を続ける必要はないですよね?
と被害者のいわゆる“踏み絵”をさせることで、被害者が後遺障害を認めて
もらうチャンスを無くそうとしているのです。

※保険会社は、治療費を立て替え払いしていただけです。

実は、保険会社は被害者の治療費を支払っていたのではなく、
被害者の代わりに立替え払いしていただけなのです。
被害者は、事故で受けた被害について加害者へ損害賠償請求する立場ですから、
本来なら被害者自身が治療費を支払い、
その分の損害を受けたとして診断書とレセプトを添えて保険会社へ請求するのが
本筋なのです。
ですので、被害者としては、当面の治療費を工面できれば、
保険会社が治療費の支払いを止めようと、
治療継続に関して影響がないことになります。

※医師が治療が必要だと言ってくれること。
ただし、交通事故扱いで治療継続して、この賠償を受けるためには、
必要な条件があります。
それは、医師が、「まだまだ治療が必要である。」「治療を続ければ症状が
軽くなる可能性がある。」と言ってくれることです。
それに、「治療しても症状が変わらないと効果が無い場合、無駄な治療なので
賠償の対象にはならない。」という
加害者側に都合の良い理屈がまかり通っている問題もあります。

治療継続には、このような条件や問題がありますので、
医師のご理解やご協力が必要となりますし、
事故発生状況や受傷状況、そしてケガの程度なども総合的に判断した上で、
戦略を立てる必要があります。

当センターでは、実際に治療費支払の停止のための調査や査定を
行ってきた担当者が、これまでとは逆に被害者の立場から、
治療継続についてアドバイスいたしますので、お電話(あるいはメール)で、
ご相談ください。無料でサポートしています。

▲たたむ

⇒この内容にコメントをする