過失割合に納得できない

Q
保険会社が考える過失割合に納得できない。

▼Aを読む

A

加害者側が主張する過失割合に納得できない被害者の方がたくさんいらっしゃいます。
また、事故当時には過失を認めていた加害者が、前言を翻し、
まったく過失を認めなくなることもよくあります。
さらに、被害者の損害額によって、保険会社が被害者不利に過失割合の変更してくる
こともしばしばあります。

※一般に、「別冊 判例タイムズ No16」や
 判例を参考にして過失割合を判断します。


過失を検討する際、例えばドライブレコーダの記録でもない限り、
実況見分調書の内容が基本的な根拠となります。
さらにこの記載内容を、事故の形態別に判例の過失割合をまとめた
「別冊 判例タイムズ 第16号」に照らし合わせて、
過失割合が一般的に判断されています。
(この冊子の記載情報は、ネット上でも散見されます)

ただ、保険会社は、膨大な量の判例データベースを利用して、
言いがかりのような過失を追及してくることがしばしばあります。
本来ですと、事故が発生した瞬間に双方の過失割合が決まるはずなのですが、
一旦争いが始まってしまえば、賠償実務において、
一番最後に過失割合が決まることが多く見られます。
つまり、最終的な金額調整のために過失が争われることが、賠償金額が大きくなるほど、
よく見られます。
その為にとんでもない理由を付けてくることもあるのです。
当センターでは、過失でお悩みの被害者の方に、事故実態調査の経験者が、
被害者サイドからアドバイスいたしますので、
ご相談ください。(無料です。)
▲たたむ


交通事故について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です